きれいに改修して気分も一新できるリフォームとは?気になる基本情報や豆知識をご紹介します!

基本的にリフォームとは、建物の躯体の部分を変更せずにそのまま残しておき、それ以外の部分を新しくすることを意味しています。
分かりやすく言えば、建物の壁紙を変更することやフローリングを新しくすることなどがこれに該当します。
その時に知っておきたい基本的な情報の1つは、会社選びがとても大事になることです。
会社によっては、上手いか下手かの違いがあるため慎重に選ばなければいけません。
これを選ぶにあたり重要になるのは、実績やその会社に対する口コミになります。

きれいに改修して気分も一新できるリフォームとは?気になる基本情報や豆知識をご紹介します!

リフォームとはいったいなにかと言えば、躯体を変更せずにそれ以外の部分を変更することを意味しています。
外壁を塗装する場面や壁紙を張り替えること、あるいはフローリングや水回りを新しくすることなどがこれに該当するかもしれません。
その時の基本情報として知っておきたいのは、どれぐらいの費用になるのかそして建築会社を選ぶことです。
建築会社の選び方がいい加減だと、施工内容はいい加減なものとなり再びやり直しをしなければならず非常にお金がかかってしまいます。
このようにリフォームとは、建築会社選びが重要といっても言い過ぎではありません。

リフォームの工事費用で掛かるのは材料費と施工費(人件費)に諸経費の3つ!

家が少なくても10年経過すると、そろそろリフォーム工事を考えるでしょう。
リフォームと言っても内装や外装、ましてや庭づくりも入ってきます。
いろいろ会社に見積もりや費用をお願いして最終的に施工業者を決めていきます。
施工費がやすければいいというわけにはいきません。
高い方がまだいいのかもしれませんが、業者と信頼性をつくっていくかなのです。
信頼が出来上がれば、よほどのことがない限り、施工費はどこもだいたい同じなのです。
せっかくリフォームですから、満足できるような空間がほしいものです。
かつ癒しとなる家づくりを意気込んでいるかもしれません。
第二のマイホームであることを考えると、じっくり時間をかけて設計をしたほうがいいのです。
自分や自分の家族のためにも後悔しない家づくりがいいのです。
出来上がったときの達成度はすばらしいものがあります。
自分のものにできる家づくりは何度やっても飽きがこなくて、楽しいものです。

失敗しないリフォーム業者の賢い探し方について

リフォーム業者の探し方で失敗をしないためには、実績面で安心できるかどうかと専用の資格をきちんと保有しているを確認しておくということが重要です。
リフォーム業者の一番の問題点は、資格が存在しない素人であっても相談を受けることができるという点です。
例えば、見た目上で非常に優秀なデザイン性の優れた設計会社に対して注文をしたいと考えている場合であっても、リフォームは簡単に相談できます。
しかし、建設や修繕作業の観点からデザイン設計事務所が優れているかどうかということはわかりません。
素人であっても請け負うことができますので、デザインや設計を行った後は下請けに任せている選択もあり得るからです。
このような場合、きちんと建設業者やデザインに関する資格を有しているかどうかを調べておくことも重要です。
安全に設計から建設まで本当に行ってくれるかどうかも確認しておけば、リフォーム業者で悪徳なところに捕まることは無くなりますので安心感があります。

リフォームは消耗や老朽化が激しいキッチンに浴室やトイレの水回りから始めるのがコツ!

リフォームをする時にはどの部分の修繕を行うかを考えます。
予算に合わせて行う個所を選定していき、設備をかえる時にはその性能に関しても予算内でおさまるように調整しなければなりません。
限られた予算の中で効果的なリフォームを行いたい場合のコツとして、水回りから手をつけるのがお勧めです。
長年使っていると水回りは劣化が進み、見えない部分の木材が腐っていたりカビが生えていることがあります。
表面的にはきれいに見える物件でも、隠れている部分が傷んでるケースも多いので、一度チェックしてもらった方が良さそうです。
せっかくリフォームするのですから、それらの設備を最新のものにかえると生活しやすくなって便利です。
最近のものは日々の暮らしが楽になるように様々な工夫が施されており、古い設備を使っていた人たちが体験してみると驚くようなものもたくさんあります。
真新しい材料にかわることで気持ちの良い住環境となり、劣化が周りに波及することも防げます。

水回りのリフォーム業者選びはアフターサービスやメーカー保証にも着目して選ぼう!

水回りのリフォーム業者を選ぶときには、アフターサービスやメーカー保証に着目して選ぶのがお勧めです。
水回りのリフォームは、料金やメーカーに着目して選びがちですが使っているうちに経年劣化や故障などがあるので注意が必要です。
そんな時に役立つのが、メーカー保証やアフターサービスでこれがついていると無料で修理をしてくれたり交換の対象になることがあります。
水回りのリフォーム業者選びは、評判の良いところを選ぶと安心ですし後から何かトラブルがあった時に対応してくれる業者なら安心です。
保証の期間などは業者やメーカーでも異なってきますので、そのあたりを事前に確認しておくのが良いでしょう。
例えば、1年間の期間が終わっても少しプラスして支払いをすると期間を延ばせる場合もあります。
水回りの機器は壊れることも多いので、少しの支払いで保証期間を延ばせるのであれば支払って伸ばしておくのも一つの方法です。
サービスを賢く使って、お得にリフォームをお勧めします。

やってよかった!リフォーム成功例①自動洗浄や抗菌対策されたトイレリフォーム

リフォームを検討するときに、使いやすい空間に変えたいこととしてトイレに注目する方は多いです。
10年近く同じトイレを使うケースもあり、メンテナンスや修理をしながら長く使うことができますが、トイレの性能や節水に注目することも重要になります。
節水トイレを使うことで、水道代の節約にもなりますし、抗菌対策がされていると衛生面も安心して使うことができます。
自動洗浄の機能が搭載されているトイレもあるため、リフォーム時に新しいものに変えると、掃除の手間を省くこともできるようになります。
清潔で安心して使うことができる空間となるように、リフォームを行っていくことも大切なポイントです。
壁紙を違うものに張り替えていく場合も、抗菌タイプのものに変えていくなど、新しい空間づくりにこだわっていくことができます。
事前にカタログを見せてもらうなど、デザインや機能にこだわって選ぶことができるため、スタッフに相談することは重要になります。

やってよかった!リフォーム成功例②カラリ床で乾燥が早くカビを寄せ付けない浴室

リフォーム経験者が口を揃えて称える施工があります。
その中でも評判がいいのが、カラリ床です。
カラリ床とはユニットバス商品に使われているパーツです。
表面に細かな溝があり、ほとんどの水が排水溝へ流れていきます。
拭き掃除などをしなくても素早く自然乾燥してくれる点が魅力です。
そのためカビが発生しにくく、掃除が楽で衛生的です。
古いタイルの浴室を使っている人ならば、その水はけの良さに感動するでしょう。
衛生状態を保つためにいくらかの手間はありますが、それほどの負担ではありません。
まずお風呂を使ったあとにはシャワーで床を流すことです。
垢や石鹸カスが残らないように、汚れをチェックしながら流すのです。
お掃除も定期的にしなければなりません。
溝に汚れが溜まっていないことが大切ですから、ブラシで汚れを落とします。
壁や天井なども水滴によってカビが出やすい場所です。
リフォームするときには、不衛生になりやすい場所に高機能の商品を設置できないか検討するといいでしょう。

やってよかった!リフォーム成功例③収納が多く使い勝手の良い動線を考慮したキッチン

リフォームをする場所として多いのがキッチンです。
毎日使用する住宅設備ですし、水垢や油汚れなどがつきやすいということ、さらに最新のものだと便利に使用できるなどの理由からキッチンのリフォームは人気となっています。
また最新設備に取り換えるだけでなく、収納を増やしたことでより生活の質がアップしたと感じる方も多いです。
食品やお鍋などのキッチン用品など、家の中でもキッチンは意外と物が増える場所です。
収納が少ないと物がごちゃついてしまい、整理整頓できません。
パントリーなど収納を作ることで、物が片付きスッキリとした状態をキープしやすくなります。
さらに家事動線を考えたリフォームも人気です。
家事動線とは家事をする時の動きを線で表したものです。
これがスッキリしていないと、家事がしにくくなってしまいます。
キッチンの場合、冷蔵庫から食品を取り出す・シンクを利用する・食品を切る・コンロで調理する、お皿を出して盛り付けしテーブルまで運ぶという行動をしやすいようリフォームすると、よりストレスフリーなキッチンになります。

やってよかった!リフォーム成功例④老後を考慮したスライド式の扉やバリアフリー設計

リフォームを行う場合、年齢を重ねて老後になった時にも生活しやすいかどうかを考えると成功しやすいです。
例えば足腰が弱り車いすでの移動を余儀なくされてしまった場合、一般的な片開きドアだとドアを開けることができません。
もし車いすになった時のことを考えて、前もってスライド式の扉に変えておくと安心です。
スライド扉は片開きドアのように 開けた時体の前にドアが来ることがないので、車いすでもスムーズに開閉と移動が行えます。
また、扉だけでなく他の所もバリアフリー設計でリフォームしておくと良いでしょう。
玄関にスロープをつけたり、車いすでも移動できるよう廊下を広くする、少しの段差も無くしておくと安心です。
このほかにお風呂やトイレも老後を考慮して、リフォームしておくことをおすすめします。
介護する方がいても十分な広さを確保しておく、お風呂は滑りにくい床にしたり手すりをつけておくと年齢を重ねた時も体の負担を軽くできます。

やってよかった!リフォーム成功例⑤節水や断熱などランニングコストを意識したリフォーム

リフォームの計画を立てる時には、節水や断熱といった、工事が終わった後の生活にかかるコストを下げる効果が期待できる要素を取り入れたプランを考えるのがおすすめです。
住宅で暮らしていく上で、水道代や光熱費といったランニングコストがかかってしまうことは避けられません。
そのような費用は、家族が自分で水を使う量を減らしたり冷暖房をあまり使わないなどの努力で下げることもできますが、リフォームで便利な設備を導入することでも減らすことが期待できます。
例えば、トイレのリフォームをする時に多く選ばれているのが節水機能が付いた便器です。
このような便器に変えると、従来よりも少ない水の量で洗浄することができるため、毎月の水道代を減らす効果が望めます。
それから、窓に内窓を付けることで断熱効果を高めるという工事は、壁などの断熱工事に比べて気軽に利用できるのでよく選ばれています。
家の断熱性能が上がると室内の温度が外の気温に影響されづらくなるので、冷暖房を頻繁に使わなくても快適に暮らせる場合が多くなり、光熱費の節約につながるのが魅力です。
リフォームするなら、その後の生活にかかる費用を減らすことができた成功例を参考にして計画を立てるのが良いでしょう。